根本的に少子化を解消するにはどうすれば良いのでしょうか?🙄

基本的に、子供を出産・育児・教育し、社会に貢献する人材として送り出すに各家庭に掛かる経済的負担は莫大なものになります。😨

しかも、今特にコロナ下で経済的に困難な状態です。😫

本来なら、国・社会全体で経済的負担を考えて行かなければいけないのですが、なかなか各政策が上手く効用していないのが現在の状況であると思われます。😓

公益・社会利益的に考えるならば、本来、子供を出産・育児・教育し、社会に貢献する人材として送り出すことは各家庭に経済的負担になるのではなく、経済的プラスにならなければなりません。

将来・未来において、国・社会を支える子供達を出産・育児・教育し、社会に貢献する人材として送り出すことは、当然のことながら大きな公益・社会利益を生み出していることになるからです。

このアンバランスを解消するには、世代間における経済的資金の流れの概念を根本的に変化させることが必要な気がします。

今までの高齢層から低年齢層への相続・経済的援助等の(高→低)の流れではなくて、(低→高)の流れにです。

つまり、子供を出産・育児・教育し、社会に貢献する人材として送り出すことが各家庭に経済的負担になるのではなく、経済的プラスになるシステムを創出する流れです。

具体的一例としての税法上の政策を提示すると、高納税者の子供を育成した両親・親族等に一部税金の還流を行うなどです。

その分、相続税の負担率を高くし、世代間における経済的資金の流れを(高→低)ではなく(低→高)の流れに極力もっていくというものです。

そうすることによって、先天的格差を薄め、後天的格差を強めることになり、客観的評価システム機能面においても望ましい形となります。😄(詳しくはこちらをクリック)

 

おすすめの記事