この命題に関しては、別記事で詳しく考察しています。➡(詳しくはこちら

この記事ではさらにその別記事での方法よりも武力的アプローチを使わない手段を考察していきます。

基本的にルーター派諸国的な、新しいグループ主義が生み出しにくい手法を中心に進めていくことに関しては変わりません。(詳しくはこちら

つまり、➀改革を行う場において改革の基盤となる考え方が全般的に根付いているということ近隣に改革による成功例二つの条件下で進行させるというものです。

別記事での内容を改良して考えていきます。(一切、武力の発動を行わない方法にするということです)

先ず、➀については支配層である軍閥などの二世三世の留学生を民主主義指数の高い北欧諸国が引き受けるとともに、他の全住民に対してもスマートフォンなどを無料配布し、世界各国から支援官を募集し、改革の基盤となる考え方を中心に教育していきます。

次に②についてですが、別記事の様に大規模派兵サージのような一定規模・期間の武力の発動が使えないため、この近隣に改革による成功例を創り出す場所を隣接する近隣国と交渉し、一部地域を租借する方法で対処していきます。

租借することは近隣国にとっても、経済成長などの面などにおいてなど優位になるように設定していきます。

期間は百年位など長期間に渡るようにし、その地域が成功例として発展し、その発展が他地域に伝播するための十分な期間が担保できるようにします。

後の詳細は別記事と同様です。➡(詳しくはこちら

 

 

 

おすすめの記事